ได้+動詞の使い方(過去・現在・未来)

2020-12-20 13:17:51

過去を表すได้ダイ

動詞の前にได้を付けることで過去を表すことができます。

 

ไป パイ 行く

ได้ไป ダイパイ 行った

 

ですがこの場合のได้ダイは省略可能なので、会話の内容によってไปパイだけでも「行く」「行かない」のどちらにもとることができます。

 

過去~現状を表すได้ダイ

  • ~していない
  • ~していなかった

 

ไม่ได้เจอตั้งนาน
マイダイ ジュータンナーン/長く会っていなかった(会っていない)

ไม่ได้อาบน้ำ
マイダイ アップナーム/水浴びをしていない

ไม่ได้เลี้ยงแมว
マイダイ リアンメーウ/猫を飼っていない

ไม่ได้ทำงาน
マイダイタムガーン/仕事をしていない

これらはただ状態を表すだけです。

この場合、もしได้がなくてไม่ทำงานマイタムガーンとなると、「仕事をしない」という自分の意思が含まれた意味合いになります。

 

わからない。ไม่ได้เข้าใจ

上に挙げた例ではได้には意味がありますが、以前タイ人に「ไม่เข้าใจ(わからない)」について尋ねたときは、ได้ダイがあってもなくても同じだと教えてもらったことがあります。

ไม่เข้าใจ マイカオジャイ

ไม่ได้เข้าใจ マイダイカオジャイ

どちら「わからない」という意味になり、タイ人でも人によって使ったり使わなかったりするそうです。

☆ได้ダイを入れずに使う人の方が割合的には多いようです。

 

ยังไม่ได้ まだ~していない

not yet now

ยังไม่ได้ซื้อ ヤンマイダイスー

は、「まだ買っていません」という意味になります。

一方、

ยังไม่ซื้อ ヤンマイスー

なら「まだ買わない」という意思を表す言い方になります。

 

文脈によって現状~未来を表すได้

ได้は過去~現在のほかにも、会話の内容によって「未来」を表す表現にも使われるようです。

ไม่ได้…แล้ว
マイダイ・・・レーウ/もう~していない

แล้วを伴って、「もう~していない」という意味を持ちます。

そして文脈によって、現状や未来の状況を表します。

 

現状の説明:
ไม่ได้ไปแล้ว
マイダイパイレーウ/もう行っていません(もうそこには通ってません)

 

未来の状況説明:
สัปดาห์หน้าไม่ได้ไปแล้ว
サップダーナー マイダイパイレーウ/来週はもう行ってません(来週はもうありません)

 

 

管理人は以前、「ได้+動詞=過去」と認識していたため、「来週」などの未来を表す言葉とセットになっているのを見て少し混乱しました。

ได้もแล้วも奥が深いですね・・・